2015年9月30日水曜日

断食祈祷院3日目

断食祈祷院での休暇生活も3日目。自然豊かな環境の中で、祈りの時を持ちながらゆっくりと過ごしています。朝夕は気温10度を前後するような寒いところですが、昼間は快晴。森の木々とキンモクセイの香りを楽しんでいます。

何せ、8年越しの「片想い」を経て訪れることが出来ましたから、ここでの滞在に対する想いはひとしおです。3日間、水だけで過ごしてきましたから、胃袋の中はまさに空っぽです。今日は頭痛がしましたが、断食ゆえの好転反応とのことで、これは下調べしていましたから、そんなに気にしていません。それよりも、空腹感が全くありません。やはりこの反応もそういうことなのだそうです。体重を減らすことを目的としている訳ではないのですが、体重計に乗ったら、この3日間で3kg減りました。お腹がぺったんこです。

実に、内臓にも休暇生活を与えているのだと思うと、嬉しくなります。ここに霊的な喜びがストレートに入ってくると思うと、残りの日々も本当に楽しみです。


毎朝8時からは礼拝が行われます。1時間、賛美と祈りと聖書からのメッセージを味わっています。メッセンジャーは代表の安田由久牧師。今日はローズンゲンとモラビア兄弟団の話を中心に話してくださいました。私の関心分野だけに、メッセージに聞き入った次第です。

皆さんも良い日々をお過ごしください!日々是ハレルヤ!

0 件のコメント:

コメントを投稿